食品(牡蠣等)による赤痢菌対策

【質問】
食品(牡蠣等)による赤痢菌対策


【回答】

 赤痢は赤痢菌に汚染された食物・水等を口に入れることにより感染する腸炎で、発症までに1~5日かかり腹痛・下痢・嘔吐等を伴う。汚染が疑われる場合は次の点に注意する。
① 井戸水等水道水以外の飲用は避け、煮沸等により消毒後のものを用いる。
② 食品は低温で保存し、加熱を十分に行う(75℃ 1分以上)。
③ 食器は煮沸し乾燥する。調理器具等は塩素剤(NaClO: 0.1%・30分)で消毒する。
④ 手洗いは石けんと流水を用いて十分に行う。必要ならアルコール等で消毒する。

掲載データの無断複製、改変、転載を禁じます Copyright (c) 2000-  Niigata Pharmaceutical Association , all rights reserved