インフルエンザワクチンを接種してから妊娠していることがわかった。

【質問】
インフルエンザワクチンを接種してから妊娠していることがわかった。友達に、ワクチンをしたら1ヶ月は避妊しないといけないといわれたが、どうか?


【回答】

 インフルエンザワクチンはウイルスの病原性をなくした不活性化ワクチンであり、胎児に影響を与えるとは考えられていないため妊婦は接種不適当者には含まれていない。しかし妊婦または妊娠している可能性の高い女性に対するインフルエンザワクチンの有益性と危険性に関する調査成績が十分得られていない。妊娠初期は自然流産が起こりやすい時期であるので、ごく初期(妊娠13週前後まで)の予防接種は避けたほうがよい。
 ただ、これまでのところ、妊婦にワクチンを行った場合に生ずる特別な副反応の報告はなく、また妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても胎児に異常の出る確率が高くなったというデータも無いことから、予防接種直後に妊娠が判明しても、胎児への影響を心配して人工妊娠中絶を考慮する必要はないと考えられる。

掲載データの無断複製、改変、転載を禁じます Copyright (c) 2000-  Niigata Pharmaceutical Association , all rights reserved