薬の副作用が出たのだが、どこに言えばいいのか。救済制度とはどのようなことか。

【質問】
薬の副作用が出たのだが、どこに言えばいいのか。救済制度とはどのようなことか。(質問多数)


【回答】

 副作用と言っても、軽い症状から重篤な症状まで、様々である。薬を飲んでかえって具合が悪くなったり、飲む前と異なる症状が現れたら、まず処方医、或いは薬を入手した薬局の薬剤師に相談すること(市販の医薬品も含む)。副作用の状態により、医師は薬の減量・中止・変更が行うと予想されるが、副作用によっては、薬の飲み方を工夫したり、飲んでいるうちに症状が無くなることもある。また、治療によっては副作用の程度により服薬を継続する場合もある。

 医療機関・薬局は、医薬品、医療機器との関連が疑われる副作用、不具合、感染症、死亡など、生命に重篤な影響があると思われる場合、今までに報告されていない副作用が生じた場合には厚生労働省に直接報告することが法律で義務付けられている。また、それ以外にも医療機関・薬局は、医薬品市販後調査として実際に患者さんが使用した薬の有効性や安全性の情報を製薬会社に報告している。

 医薬品副作用被害救済制度は、「病院・診療所で投薬された医薬品、薬局などで購入した医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による入院が必要な程度の疾病や障害などの健康被害について」救済給付を行う。ただし、軽度な健康被害や、医薬品を適正に使用していなかった場合、対象除外医薬品による健康被害など、救済の対象とならない条件もあるので、詳細は ◎独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済制度 を参照のこと。

掲載データの無断複製、改変、転載を禁じます Copyright (c) 2000-  Niigata Pharmaceutical Association , all rights reserved