新潟県薬剤師会青年部メールマガジン【第122号】を配信しました

■■■■■青年部定例集会・薬剤師フォーラムフォローアップ研修報告■■■■■

皆様こんにちは。
平成最後の春を間近に、時代と季節のうつりかわりに一抹の哀愁と大きな希望を感じる今日この頃です。

さて、2月23日スモークカフェにて新潟県薬剤師会青年部定例集会を開催しましたのでご報告致します。
今年は薬剤師フォーラムフォローアップ研修を併催して2部構成とし、新潟県薬剤師会、新潟県薬剤師連盟の共催で開催しました。
40名が参加した第1部定例集会では、「かかりつけ薬剤師がほしい!!」という県民の生の声の紹介を交えた
山岸会長の開会挨拶に始まり、金井青年部部長より今年度の青年部活動報告・来年度計画・新入部員紹介がありました。

そして、今年度の卒部者代表として五十嵐丈二先生から、
世代間の架け橋である青年部での貴重な仲間との出会いや経験をふりかえり挨拶を頂きました。
また新潟県本田あきこ後援会矢吹青年部員より日本薬剤師連盟主催JPL(JapanPharmacistLadies)フォーラムに参加された報告と本田先生の後援会名簿収集についてお話がありました。
最後に渡邉副会長より、薬機法改正・ポリファーマシー対策を背景にこれからの薬薬連携の重要性について閉会の挨拶を頂き、定例集会を閉会しました。

続いて第2部懇親会・薬剤師フォーラムフォローアップ研修は鈴木青年部幹事長の乾杯から始まり39名が参加しました。
5グループに分かれて、日本薬剤師連盟、本田あきこ先生の啓発資材の活用について、薬剤師フォーラムで挙がった活動案をどのように実行するか、飲食する間も惜しむほど白熱した議論が展開されました。
そして、具体的な活動案について各グループの発表がありました。
最後に立川専務理事より今後益々の発展を祈念し中締めの挨拶を頂き、盛会裏に終了いたしました。

青年部は来年度も精力的に活動を行う予定です。
縁を紡ぎ、想いを紡ぐ機会に、是非多数ご参加ください。

◎班活動報告◎
【新潟】新潟・佐渡地区薬剤師交流会~忘年会~(H30.11.23)
参加者18名
【下越】下越地区薬剤師交流会~忘年会~(H30.12.8)
参加者12名
【県央】県央地区薬剤師交流会~新年会~(H31.1.26)
参加者11名
【上越】上越地区薬剤師プレ交流会(H30.6.16)
参加者11名
上越・糸魚川地区薬剤師交流会(H30.12.15)
参加者24名
(文責:柴又良太)

掲載データの無断複製、改変、転載を禁じます Copyright (c) 2000-  Niigata Pharmaceutical Association , all rights reserved